top of page
  • 執筆者の写真Nankaitsusho

Vol.72 常滑焼、新しいカタチ @note

更新日:6月3日

愛知県常滑市で100年近く続く窯元「人水」と手を組み、新たな急須が生まれました。

通常急須と言えば丸くてコロンとした形が一般的ですが、こちらはどこか「洋」の雰囲気も持ち合わせた縦型の形状。


新しい発想と定番の調和をモットーとするロクサンにとって、これはぜひ新たなスタンダードになってほしいアイテム。


特長はその見た目だけでなく、機能性も◎

内部が広いため茶葉がしっかり「ジャンピング」し、お茶本来の香りや旨味をたっぷり引き出してくれます。


また、金属製の茶漉しは付属しておらず、本体に微細な穴がたくさん空いている『セラメッシュフィルター』を採用しています。

金属製の茶漉しと違い、金属臭や雑味が生まれないので、お茶本来の美味しさを味わえます。


もちろん毎日のお茶のお供にも、紅茶を淹れる際のティーポットとしても違和感なくお使いいただけます。



詳しくは「南海通商公式note」へお立ち寄りください↓↓↓


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


●商品名:ロクサン tokoname 縦型急須 / 丸型急須

●参考価格:縦型5,500円,丸型4,950円

●ブランド紹介:63(南海通商㈱オリジナルブランド)


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


 


■ 公式Note


南海通商では、「南海通信」と称して商品のご紹介以外にも開発秘話など様々な情報を「note」にて発信しています。 ぜひ一度、お立ち寄りください。







 

■ 公式Twitter

Twitterでは創業55年の「南海通商」が贈るモノの世界。国内外の生活雑貨のいまをお届けしております。 是非フォローをお願いします。 @Nankai_tsusho | Twitter

コメント


bottom of page