何度も試行錯誤を重ねるうちに、偶然出来上がった釉薬は、
青みがかった美しい黒色が特長。
透明感のある白磁器の上に施釉することで、
その深みのある色味が、よりいっそう引き立ちます。

釉薬のかかり方により、色の濃淡が異なりますが、
それが味わい深く、日々の食卓にもよく馴染みます。


正方形やラウンド型のお皿は、スタンダードな形で使い勝手抜群。
どんなお料理にも合わせやすく、和食・洋食問わずお使いいただけます。
もちろん、ケーキなどを乗せて、デザートプレートとしても。

長方形のお皿は焼魚やおにぎりを乗せて。
落ち着いた色味の食器は、ローストビーフやカルパッチョなどの鮮やかな料理との相性も良いんです。
豆皿・茶碗・湯呑と、使用頻度の高い食器を厳選しました。