【私のちいさなお店ができるまで】


第二回:掃除と交流 2021年4月13日(火)


南海通商を退職し、まだ実感の無いまま 自分のお店と向き合う日々が始まりました。

この2週間は毎日掃除、掃除、掃除…。
不要なもの中には、昭和を思い出させるレトロなデザインの品々が私の心を『キュンッ』とさせてくれました。
毎日掃除をしながら、レトロな物との出会いを楽しみながら頑張っています。

掃除中に見つけたものたち。気分は宝探し。

以前のお店が洋品店だったので、釦やビーズ、編み物関連の道具等も出てきました。
収納で使用していたプラスチック製のケース等も大量にあり、物を捨てる事が嫌いな私は、商店街を通る方々に、何か使えるものがあれば持って帰って貰えるようにと、店頭に並べてみました。

 私:『どうぞご自由にお持ち帰り下さい』
町の方々:『お店辞めてしまうのですか?』
…と以前のお店を知ってる方も知らない方も、閉店で掃除をし、商品を処分していると思われているようでした。

 私:『新しくこちらでお店をやることになりました。前の方の手芸用品が沢山あるので捨ててしまうのは勿体ないので、良かったらお持ち帰り下さい』 と声を掛けると、
「何のお店をやられるのですか?」と質問される事があり、少しですが町の方々と触れ合うきっかけも出来ました。

 私:『雑貨屋さんです』
町の方々:『わぁ、嬉しい。楽しみにしてますね。』
と期待される言葉も頂け、町の方々との触れ合いも増えて来ました。
皆さんに沢山楽しんで貰える様な、素敵なお店を作らないと…頑張らなければ!!と心から思える日々を送っております。 

今回の写真は、第1回目の頃と比べて、かなり片付いてスッキリして来た店内の様子。
これからもう少し細かいお掃除を進め、店内の内装工事に入ります。
もちろん私もできる限りのことは自分でやります!! 

 内装工事の着工は今月末からになると思います。 今回はお掃除と町の方々とのふれあいなどをお知らせ致しました。

それでは次の回までお楽しみに。



第一回:はじまり 2021年3月19日(金)


私の夢が始まる場所。まだ前のお店の方の物がたくさん残っている。

この春に7年間働いた南海通商を退職し、小さなお店を開く事を決めました。

千葉の幕張店の店長を入社当初から任され、沢山の商品と向き合い販売し、素敵なスタッフとお客様に支えられながら、色々な事を乗り越えて来ました。

働くうちにセレクトの楽しさや、ディスプレイの楽しさ、お客様とお店の関係性、仕入、接客力…全てを学べたお店でした。

このアッサンブラージュで働きながら自然と身についた事を、小さなお店でどこまで出来るのか、皆さんに少しづつですが紹介していこうと思います。

オープンはまだ決まっておりません。
オープンまでの道のりをここから紹介させて頂く事になりました。

どんなハプニングが待っているのか、お楽しみに。