マットブラック塗装を施した、ステンレス製のコーヒードリップポットです。
『itteki』という名前の通り、一滴ずつお湯を注ぐことができます。

注ぎ口の細さと、断面の長さが、最大の特長。
機械を使って注ぎ口をカットした後、細かい部分の微調整は、一つ一つ手作業で行っています。


家で過ごす時間が増えている今、ハンドドリップでコーヒーを楽しむ人が増えています。
豆や淹れ方ばかりを重視する人が多いですが、器具も味を左右する、重要な要因の一つ。

気軽に買い換えることが難しい器具だからこそ、良いモノにこだわりたいですよね。


注ぎ口が細いと、自然と出てくるお湯も 細くなります。 細く注がれることで、お湯がゆっくりと粉全体に浸透し、コーヒーに含まれる成分を、しっかり引き出すことが出来ます。 一般的なポットに比べ、注ぎ口の断面が長くとられています。この形状にすることで、ポットから出てくるお湯が見えやすくなり、水量を確認し、調節しながら注ぐ ことが出来ます。 『点滴』という、お湯をポツポツと落とした後、細く注いで抽出する方法があります。 技量と、良いドリップポットが必要な、 高難易度の抽出方法ですが、ittekiを使用すれば、テクニックが無くても簡単です。



実際にプロの方に使っていただきました!

中目黒と代官山にあるスペシャルティコーヒー専門店
『CAFE FACON(カフェ ファソン)』の オーナー・岡内賢治さん。

パナソニックから発売されているコーヒーメーカーの
味の監修もされている、コーヒーのスペシャリストです。


DAIKANYAMA, TOKYO

CAFE FACON
Kenji Okauchi

cafefacon.com


「今使用している他社のドリップポットと比較しても、 お湯が細く、かつ一定の細さで注ぎ続けることができる。
ドリップに慣れていない素人は、お湯が太くなって しまったり、湯量の調節が上手く出来ないことが多いけど、このポットは特別な技術がなくても、最初から最後まで、 ほぼ同じ湯量を保ちながら注げるので使いやすかったです。
家庭用としてだけじゃなくて、プロの方にも十分通用すると思います。
フタもしっかりしていて、中のお湯が少なくなった時に大きく本体を傾けてもフタが落ちにくいのがいいですね。」